• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. ゴールデンウィーク期間の北陸地方における高速道路の渋滞予測【北陸版】

ニュースリリース

このページを印刷する

2016年03月25日

  • 金沢支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

ゴールデンウィーク期間の北陸地方における高速道路の渋滞予測【北陸版】

中日本高速道路株式会社金沢支社は、ゴールデンウィーク期間[2016年4月28日(木)~5月8日(日)の11日間]の北陸地方における高速道路(北陸道:木之本IC~朝日IC、東海北陸道:白川郷IC~小矢部砺波JCT、舞鶴若狭道:小浜IC~敦賀JCT)の渋滞予測についてとりまとめました。

概要

北陸地方(金沢支社管内)においては、5月3日(火)~5月5日(木)の交通量が多くなると予測されます。
また、5km以上の渋滞は7回予測され、日時、場所などは下表のとおりとなります。

  • 3月17日に山陽自動車道の八本松トンネル内で渋滞末尾に後続車両が追突する重大事故が発生しました。トンネル内や本線での渋滞末尾で停止・減速する際はハザードランプを点灯して後続車に合図をお願いします。
  • 事故や故障などにより高速道路上で停止した場合は、三角停止板など設置して後続車に知らせるとともに、トンネル内で停車する場合は非常駐車帯や避難通路に、本線で停車する場合はガードレールの外など安全な場所に避難してください。
  • 長時間、長距離を運転する際や眠気を感じた場合は、早めの休憩をとり、安全運転をお願いします。

予測される5km以上の渋滞

予測される5km以上の渋滞

渋滞発生が予測される箇所および混雑が予測される休憩施設 位置図

渋滞発生が予測される箇所および混雑が予測される休憩施設 位置図

IC:インターチェンジ PA:パーキングエリア SA:サービスエリア JCT:ジャンクション TN:トンネル

北陸自動車道(北陸3県内)の予測交通量

東海北陸道(富山県内)の予測交通量

舞鶴若狭道(小浜IC~敦賀JCT)の予測交通量

2015年3月1日から北陸道の高岡砺波スマートICおよび東海北陸道の南砺スマートICが供用を開始しておりますので、ぜひお出かけ・ご旅行の際にご利用ください。なお、スマートICはETC専用の出入口ですが、通常のICのETCレーンと異なり、ノンストップでの通行はできません。スマートICご利用の際はETCカードのご確認とゲート前では十分減速いただき、一旦停止をお願いいたします。

参考資料: PDFファイル混雑対策の取り組み