• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 高速道路における逆走の発生状況と今後の対策(その3)

ニュースリリース

このページを印刷する

2015年11月27日

  • 本社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

高速道路における逆走の発生状況と今後の対策(その3)

東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社
首都高速道路株式会社
阪神高速道路株式会社
本州四国連絡高速道路株式会社

東日本・中日本・西日本・首都・阪神・本州四国連絡高速道路株式会社は、平成27年4月28日に、平成23年から平成26年までの高速道路での逆走発生原因の分析と、逆走対策の推進について公表しました。

今般、平成27年1月~9月までの9か月間の逆走件数や発生状況などを分析し、平成26年度中に対策を完了した箇所での効果を検証して、新たに優先的に対策を進める箇所を取りまとめました。

今後も、引き続き関係機関と連携して逆走対策を実施するとともに、本日、国土交通省が公表した、「2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指す取組み」への参画を通じて、さらなる逆走対策を推進してまいります。

ポイント

  • 平成23年から平成27年9月に、高速道路会社管内の高速道路で、事故または確保した逆走事案は、916件発生
  • 平成27年3月までに対策を実施した33箇所では、対策実施前の4年間で年平均約20件の逆走が発生していたが、対策実施後の半年では2件に減少
  • これまで対策の実施を公表した67箇所のうち、47箇所で対策を完了
  • 引き続き関係機関と連携して逆走対策を実施するとともに、「2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指す取組み」への参画を通じて、さらなる逆走対策を推進
参考資料: PDFファイル(別紙)高速道路における逆走の発生状況と今後の対策