1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 新東名高速道路 NEOPASA清水のトイレが日本トイレ大賞「国土交通大臣賞」を受賞

ニュースリリース

このページを印刷する

2015年09月18日

  • 東京支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

新東名高速道路 NEOPASA清水のトイレが日本トイレ大賞「国土交通大臣賞」を受賞

中日本高速道路株式会社東京支社は、2015年9月4日に発表された「日本トイレ大賞」※(主催:内閣官房すべての女性が輝く社会づくり推進室)において、高速道路の休憩施設での「より快適、より便利、より楽しい、より美しい」トイレ空間の創造として、新東名高速道路 NEOPASA清水のトイレが「国土交通大臣賞」を受賞いたしました。

今回受賞したNEOPASA清水をはじめとした休憩施設トイレの特長

中日本高速道路では民営化以降、高速道路3会社の中でも先駆者として、お客さまに休憩施設で快適なひと時を過ごしていただくため、お客さまに喜ばれる快適なトイレ空間の提供を目指し、設備だけでなく清掃の方法なども見なおし、トイレのリニューアルに取り組んできました。
このような背景を踏まえ、新東名高速道路NEOPASA清水では、上記の役割を有する機能として下記に掲げる施設や対策などを整備することにより、「より快適、より便利、より楽しい、より美しい」休憩施設空間の提供をおこないました。

  1. ロビースペースの設置
  2. 洋式便器の整備比率の見なおし
  3. 乾式清掃の採用
  4. ユニバーサルデザインの視点を取り入れたピクト・サインの立案
  5. パウダーコーナー、フィッティングルームの設置

加えて、NEOPASA清水をはじめとする新東名・東名高速道路では、最適便器数の算出に東名高速道路におけるトイレの利用実態調査の結果を反映し、サービス水準の向上に努めています。これらが評価されたことにより、NEOPASA清水が受賞いたしました。

また、24時間365日休憩施設やトイレをきれいに保ち、お客さまに気持ち良くご利用いただくために、清掃スタッフを「エリアキャスト」と呼び、清掃はもちろん、おもてなしの心でお迎えするため、お花を活けるなどのトイレ空間の演出や観光地のご案内をしています。
今後は、長時間の移動での疲労やストレスを解消する場所としての役割を担うトイレ空間の創造を目指し、これらの活動を継続していきます。

※「日本トイレ大賞」について
2015年、有村女性活躍担当大臣の下で開催された政府の「暮らしの質」向上検討会の提言により「日本トイレ大賞」が創設されました。
日本トイレ大賞は、女性の「暮らしの質」の向上に資する取り組み、とりわけすべての女性が暮らしやすくなる空間へと転換する象徴となるトイレに関連する優れた取組事例を選定することによって、すべての女性が輝く社会づくりに資することを目的としています。応募総数は378件で、このうち28の案件に賞が贈られました。(出典元:内閣府)

 

参考資料: PDFファイル受賞したNEOPASA清水のトイレの画像など