• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 圏央道 相模原ICが 3月29日(日)12時に開通します。

ニュースリリース

このページを印刷する

2015年02月13日

  • 東京支社
  • 開通・建設
  • プレスリリース

圏央道 相模原ICが 3月29日(日)12時に開通します。

国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所
中日本高速道路株式会社  東京支社

国土交通省関東地方整備局相武国道事務所、中日本高速道路株式会社東京支社が整備を進めてきた「首都圏中央連絡自動車道 相模原IC(インターチェンジ)」が2015年3月29日(日)12時に開通し、相模原ICから圏央道が利用できるようになりますので、お知らせいたします。

【開通日時】2015年3月29日(日)12時
【開通箇所】首都圏中央連絡自動車道 相模原IC

開通による主な効果

効果1 国際競争力と成長 ~民需の拡大~

  • 環状道路の整備により、沿線に物流施設や工場が立地する等、民間の投資を喚起します。
  • 相模原市では、産業集積促進条例(STEP50)を施行し、積極的な企業誘致に取り組むなど、地域産業活性化への期待が高まっています。

効果2 地域経済の好循環 ~圏央道へのアクセス強化~

  • 次々つながる圏央道により、神奈川-栃木・群馬間等の相互アクセスが大幅に向上。
  • 相模原市内から圏央道へのアクセス強化が図られます。
参考資料: PDFファイル圏央道開通箇所概要