1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 高速で走行しながら画像処理により異常を検出する技術開発を開始 ~安全・迅速・確実な点検を目指して~

ニュースリリース

このページを印刷する

2014年03月27日

  • 本社
  • 安全への取り組み
  • プレスリリース

高速で走行しながら画像処理により異常を検出する技術開発を開始 ~安全・迅速・確実な点検を目指して~

中日本高速道路株式会社

中日本高速道路株式会社は、安全性向上3カ年計画の取組みの一つとして、点検技術のさらなる信頼性向上と客観性の確保を目指し、トンネル内を高速で走行しながら画像処理により自動的に異常を検出する技術の開発を開始しました。

今後、トンネル内を高速走行しながら撮影した映像を、過去に撮影した映像と見比べ、金具などの位置ずれ、トンネル内コンクリートのひび割れの進行を自動的に検出するシステムを開発することで、点検から維持管理までのマネジメント強化を進めてまいります。

■共同研究名 『高速道路における点検技術の高度化に関する研究』
■共同研究者 国立大学法人東京大学 石川正俊(いしかわまさとし)教授、中日本高速道路株式会社
■開発概要
1. 開発の背景と目的

トンネル構造物などの点検は、交通規制をおこなったうえで高所作業車などを用いて目視や打音、触診等により実施しています。今回の研究は、日常的に巡回時に、トンネル内の状況を撮影するだけで、いち早く異常を発見することができる技術の開発を目的としています。

2. 活用する技術

東京大学情報理工学研究科創造情報学専攻の石川正俊教授が研究開発している「高速画像処理技術」を用い、高速で移動する物体を常にフレーム中心に捉え続け、高速度カメラによるブレの無い高精度な映像を撮影する技術を活用します。

3. これまでの成果

昨年、100km/hで高速走行しながら、トンネル天井部に設置したジェットファンの固定金具を撮影する試験をおこない、下図のようにブレのない鮮明な画像を取得できました。また、カメラ・レンズ・照明等の機材環境を調整することにより、コストも安く抑えることができます。

  

この結果、交通規制をせず、通常の走行で、高速道路の構造物などを正確かつ鮮明に画像を取得できるものです。

これらの画像を過去に撮影した画像と比較することにより、変位や変状をリアルタイムに検出するシステムを構築していきます。まずはトンネル内に設置された金具などの位置ずれやひび割れの進行を自動的に検出するシステムを開発します。