NEXCO中日本企业信息网站




重要通知

【E8 北陸道】梅雨前線の影響による通行止め可能性区間のお知らせ

总裁寄语

高速道路は、人々の生活に深く根ざし、永く将来にわたり我が国の文化・産業の発展に寄与する重要な社会基盤です。 当社グループでは、前『経営計画チャレンジⅤ2016-2020』に基づき、経営方針の最上位に「高速道路の安全性向上と機能強化の不断の取組み」を位置づけ、お客さまに安全を提供し続けるために、当社グループの安全文化を常に高いレベルで維持し続けてまいりました。
また、少子高齢化や人口減少、社会インフラの老朽化、ICTの高度化など、社会環境の大きな変化を見据え、「安全性向上への『5つの取組み方針』」の着実な実施のもと、新規開通や4車線化・6車線化、あるいはリニューアルプロジェクトによる老朽化対策、耐震補強対策など、高速道路の機能強化の取組みを推進してまいりました。
加えて、高速道路のイノベーションを加速させる取組みである、次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント「i-MOVEMENT(アイムーブメント)」に着手し、様々なテーマで実証実験を進めてまいりました。
サービスエリアでは、新設やリニューアルを計画的に進め、沿線の地域資源を活用した個性豊かなエリアを各地に展開してまいりました。 また、業務プロセスや情報システムの最適化などグループ全体の生産性を高めてまいりました。
そして今日、当社グループの事業環境は急速に変化しており、社会経済に大きな影響を与えている新型コロナウイルス感染症拡大を契機として加速した「デジタル技術」の活用や、「CASE(Connected(コネクティッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化))」や「MaaS(Mobility as a Service)」など、新しい時代の交通システムに対応していくための「新技術」、「新サービス」の導入、「脱炭素社会」の実現に向けた環境保全など、将来の変化を見据えた対応が急務となっています。

高速公路是深深植根于人们生活中的重要社会基础,对日本的文化和产业的长远发展做出了长期贡献,在此前的“2016-2020年管理计划挑战V”的基础上,本集团将“持续发展”定位为“持续发展”。 “努力提高高速公路的安全,我们一直保持着我们集团的安全文化的一个较高的水平。此外,在社会环境,如少子化和人口老龄化,人口减少了重大变化的预期,老龄化社会基础设施,信息和通信技术的成熟,稳步实施五项倡议政策下,我们推动了努力,加强如新开盘4条车道和6个车道,通过重建项目的抗衰老措施和抗震加固措施高速公路的功能。此外,该高速公路是努力加快创新,创新,走下一代技术高速公路踏上了优势养护管理“i-MOVEMENT(高效的重要高速公路管理的创新性维护和运营)下一代“技术”,将促进我所做的各种主题的演示实验,在服务领域,我们已系统地进行了通过优化业务流程和信息系统,我们还提高了整个集团的生产率,并进行了新的建设和更新,并开发了利用铁路沿线本地资源的独特地区。

2021年4月からスタートした『経営計画チャレンジⅤ2021-2025』では、これらの環境変化に的確に対応していくため、次世代を担う中堅・若手社員、グループ会社社員などの声も取り入れながら、活発な議論を積み重ね、「新技術・新サービスの積極的な導入」、「デジタル化(DX)の推進」、「脱炭素社会に向けた取組み」、「働きがいの向上と人財育成」を経営方針に反映し、具体の施策にスピード感を持って取り組んでまいります。

全新的经营方针

  1. 持续致力于提升安全性
  2. 加强高速公路的功能,使高速公路服务面向更多的用户
  3. 挑战创造能顺应数字化及脱碳等环境变化的新价值
  4. 加强经营基础,持续回应用户和持股人的期望

通过推进在《经营计划挑战V 2021-2025》中制定的5年计划,我们目标在实现企业理念的同时,通过经营活动为持股人创造价值,将本集团的社会使命提升到新的水准。

代表取締役社長CEO 小室 俊二

  • 返回页面顶部