• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 暫定二車線区間の長大橋およびトンネル区間における「車線区分柵(仮称)」の技術開発の公募

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年04月25日

  • 本社
  • 安全への取り組み
  • プレスリリース

暫定二車線区間の長大橋およびトンネル区間における「車線区分柵(仮称)」の技術開発の公募

東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社

東日本・中日本・西日本高速道路株式会社は、2017年4月25日に、高速道路の暫定二車線区間の長大橋およびトンネル区間における正面衝突事故防止対策として、「車線区分柵(仮称)」の技術開発の公募を開始しました。

我が国の高速道路の暫定二車線区間では、その大部分がラバーポールで上下線を区分する構造となっており、対向車線への車両の逸脱による正面衝突事故などが発生しており、更なる安全対策が求められています。
暫定二車線区間の反対車線への飛び出し事故防止対策として、標準幅員が10.5mである土工および中小橋(橋長50m未満)区間ではワイヤロープの試行設置に取り組んでいますが、標準幅員が9.5mである長大橋(橋長50m以上)およびトンネル区間でワイヤロープを適用する場合には設置および固定方法に課題があるため、公募により車線区分柵の技術開発をおこなうものです。
なお、応募技術の中から選定された技術は、「高速道路の正面衝突事故防止対策に関する技術検討委員会」等と適宜連携をとり、実験等による性能の検証をおこない、実用性に係る効果及び課題について評価し、効果が認められたものについては高速道路の暫定二車線区間に試行採用していきます。

公募の概要

公募期間:2017年4月25日~2017年7月24日(3ヶ月)
実験等による検証期間:2017年10月(予定)から概ね1年程度

募集要項等詳細はこちら

http://www.c-nexco.co.jp/activity/proposal/

関連リンク

高速道路の正面衝突事故防止対策について~命を守る緊急対策。ポールからロープへ~(2016年12月20日、国土交通省)
新しいウィンドウを開きます。http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000791.html

高速道路の正面衝突事故防止対策に関する技術検討委員会(国土交通省)
新しいウィンドウを開きます。http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/front_accident/

ワイヤロープ試行設置区間について
東日本:新しいウィンドウを開きます。http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h29/0301/
中日本:http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4010.html
西日本:新しいウィンドウを開きます。http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h29/0301/

参考資料:PDFファイル公募要領

 

 

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めの可能性があります。

     

    【2月19日 夜~20日】

     

    道 路 名

    区   間

    E1

    東名高速道路

    東京IC ~ 清水IC

    C4 首都圏中央連絡自動車道 茅ヶ崎JCT ~ 相模原IC
    E1A 新東名高速道路

    海老名南JCT ~ 厚木南IC

    御殿場JCT ~ 新静岡IC

    E52 新東名高速道路清水連絡路 全線

    E85

    小田原厚木道路

    厚木IC ~ 大磯IC

     

    高速道路で一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。お出かけはお控えいただき、やむを得ず高速道路をご利用される場合は、今後の気象予測や道路交通情報をご確認いただくとともに、冬用タイヤやタイヤチェーンの早めの装着をお願いします。

    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

     

    今後の交通への影響

    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

     

    【関連情報】
    ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド
    ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本