• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 【お詫び】E1A新名神高速道路 鈴鹿トンネルにおける火災検知器の誤作動について

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年04月14日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制

【お詫び】E1A新名神高速道路 鈴鹿トンネルにおける火災検知器の誤作動について

中日本高速道路株式会社名古屋支社は、2017年4月14日(金)5時39分にE1A新名神高速道路 鈴鹿トンネルにおいて火災検知器の誤作動により「トンネル内進入禁止」措置を実施し、多くのお客さまにご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

1.発生事象
今回の事象は、E1A新名神高速道路 鈴鹿トンネル(下り線)にて火災検知器の自動通報発報が発生し、トンネル内進入禁止措置を上下線にて5時39分から5時41分の2分間実施したものです。
トンネル内を確認した結果、火災は発生しておらず誤作動と判明したものです。
この影響により、多くのお客さまにご迷惑をおかけしました。

2.今後の対応
現在、誤作動が発生した火災検知器について、誤作動の原因を詳細調査中であり、原因を特定し適切な対応を図ってまいります。