NEXCO中日本 ドライバーズサイト


落下物を発見・落下物にぶつかった!

落下物を発見・落下物にぶつかったら

落下物を発見・落下物にぶつかったら次の方法で通報をお願いします。通報があった際は、ただちに情報板による情報提供をおこなっています。 「落下物」の表示を確認したら、速度を落とし、特に注意して走行しましょう。

非常電話から連絡

本線上(1kmおき)、トンネル内(200mおき)、インターチェンジ、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)、バスストップ、非常駐車帯に設置されている、非常電話から連絡してください。

高速道路でやむを得ず停車したときは非常電話 非常電話SOS

料金所やSA・PAの係員に伝える

料金所を通過する際、料金所の係員に伝えてください。もしくは最寄りのSA・PAの係員に伝えてください。

道路緊急ダイヤル(#9910)から連絡

走行中で同乗者の方がいる場合は、同乗者の方から道路緊急ダイヤルに電話をしてください。全国の高速道路・国土交通省が管理する国道はすべて、24時間、無料で利用できます。

「故障車」や「落下物」・道路の破損などを見つけたら 道路緊急ダイヤル #9910

落下物は落とした人の責任です!(道路交通法第75条の10)

落下物は落とした人の責任になります。荷物が落下しないよう、シートをかけ、ロープで固定してください。長距離・長時間走行の場合は、途中のSA・PAで再点検をお忘れなくお願いします。

落下物の処理件数(2016年度 NEXCO中日本調べ※)

落下物の種類 処理件数
プラスチック・ビニール・布類(毛布、シートなど) 25,400件
自動車部品類(タイヤ、自動車付属品など) 8,900件
木材類(角材、ベニヤなど) 6,900件
ロードキル(動物の死骸) 6,900件
その他 17,400件
合計 65,500件

※NEXCO中日本が管理する道路で、交通管理隊が処理した落下物の件数

落下物発見時の対応(動画)

高速道路上で落下物を発見した際の対応方法を、動画でご紹介します。

  • ページの先頭へ戻る