NEXCO中日本 ドライバーズサイト


車線運用の変更(ランプ部における主従入替)

対策例の概要

ランプ部の主従入れ替え

圏央道(相模原愛川~高尾山)の開通直後、海老名ジャンクション合流部で渋滞が発生していましたが、圏央道外回りへ流入するランプの、主となる流れを変更したところ、渋滞の発生を軽減できました。

ガードレールからBOXビームへの変更(視認性の向上)

薄層舗装の設置幅を変更

  • ページの先頭へ戻る