NEXCO中日本

INTERVIEW

インタビュー【施設・設備系】

2012年 入社 工学研究科 機械理工学専攻 修了

山本 貴文

TAKAFUMI YAMAMOTO

取材時点 名古屋支社 建設事業部 施設建設課

※取材年月:2020年2月

これまでの経歴

2012年4月
東京支社 浜松保全・サービスセンター 施設担当
2014年7月
金沢支社 保全・サービス事業部 施設チーム
2018年7月
名古屋支社 建設事業部 施設建設課

Q.1

入社の動機は?

小さな頃から色々な人々の思いを運ぶ高速道路に心を躍らせ、SAPAの非日常感にも惹かれていました。この高速道路空間を自分の手で携わり未来へと繋いでいきたいと思い志望しました。

Q.2

あなたの仕事はどんな仕事?

建設中の高速道路に整備される施設設備全般について、設計や工事発注をおこなう業務を担当しています。まだ道路工事へ着手していない時期から、将来の開通を見据え、施設設備の配置計画や機器の仕様について検討をおこなっています。開通後の維持管理における課題を常に意識し、建設時点から改善できるよう取り組んでいます。また、工事事務所が円滑に工事を実施できるよう、発注事務手続きの支援や、機器の仕様に関する技術的なサポートもおこなっています。

Q.3

この仕事のやりがいは?

我々は、高速道路の開通を心待ちにしているお客さまや地域の皆さまの大きな期待を背負っています。この期待に応えるべく、施工会社や関係自治体などと一丸となって事業を進め、高速道路が日々完成していくことにやりがいを感じます。
既存設備を活用しながらの運用切替が必要となるなど、現場には様々な課題が乗じますが、グループ社員や施工会社の方たちと一緒にみんなで知恵を絞り、一歩ずつ解決しています。無事開通を迎えられた時には、日々の地道な積み重ねが"高速道路"という形となったことを実感し、大きな達成感がありました。

Q.4

あなたが思うこの会社の
魅力や特徴を教えてください

様々な場所で幅広い業務に携わることができるのがNEXCO中日本の魅力です。ジョブローテーションを繰り返しながら多くの人・技術に触れることで知見を広げ、さらに次の業務へ活かしていくことで、自身の成長を感じることができます。
また、担当する業務では、維持管理しやすい仕組みへ、機器の仕様を工夫するなど、日々新たな挑戦をしており、自身の業務が全社的な取り組みへと展開されることがあります。自分の思いを全国の高速道路に反映することができることもNEXCO中日本の魅力だと思います。

Q.5

これからの目標を教えてください

世の中では、技術革新が瞬く間に進んでおり、高速道路の施設設備も時代に即した技術を取り入れていくことを求められています。高速道路の老朽化対策や自動運転技術への対応など、施設職として取り組むべきことは多岐にわたります。今後も現場の課題や新技術を意識し反映することにより、さらにお客さまが安全・安心・快適にご利用いただけるような高速道路を創っていきたいと思います。

とある1日のスケジュール

スケジュール内容画像 スケジュール内容画像

2014年 入社 電気電子情報工学科/工学部 電気工学専攻/学科/卒業

松岡 宏樹

HIROKI MATSUOKA

取材時点 八王子支社 八王子保全・サービスセンター 施設担当係長

※取材年月:2020年2月

これまでの経歴

2014年4月
金沢支社 敦賀保全・サービスセンター 施設担当
2018年7月
八王子支社 八王子保全・サービスセンター 施設担当

Q.1

入社の動機は?

人々の当たり前を支えるような企業で働きたかったからです。また、専門分野に関する仕事だけに縛られず、高速道路事業全般に関する様々な分野の仕事ができる部分に魅力を感じて当社を志望しました。

Q.2

あなたの仕事はどんな仕事?

お客さまが24時間、365日安全・安心・快適に利用していただけるように、高速道路上に設置された様々な設備の保守運用に関するマネジメントをおこなっています。具体的には、設備の故障が起こった際の対応や、高速道路上の設備を安全に使用し続けるために、PDCAサイクルを踏まえた更新計画の策定、工事の発注や監理等をおこないます。最近では、台風による被災時に早期開通へ向けて現場指揮を執ったり、東京オリンピックを見据え、快適に高速道路を利用していただけるよう、高速道路上の設備強化へ向けた改修に関する業務もおこなっています。

Q.3

この仕事のやりがいは?

事故や災害が発生して通行止めになってしまった際には、NEXCO中日本グループが一致団結し、お客さま対応や現場対応、関係機関との調整をおこないます。関係者も非常に多く、短期間で通行を確保する必要があるため苦労しますが、無事に通行止めを解除できたときは非常に達成感を覚えます。また、高速道路をより安全に利用いただけるよう、新たな取り組みへも日々チャレンジしています。小仏トンネルの渋滞対策として音声案内をおこなう注意喚起システムの新設を担当した際には、テレビにも取り上げられ、非常にやりがいを感じました。

Q.4

あなたが思うこの会社の
魅力や特徴を教えてください

ジョブローテーションにより幅広い業務を経験できることです。自分の専門分野に縛られることなく業務を経験できるので、自分自身の視野を広げることができます。また、高速道路の業務を通して、社会に大きな貢献ができる事も魅力の一つです。現在、私は東京オリンピックへ向け、高速道路の設備強化に関する工事を担当していますが、オリンピックのような国としての大きなイベントを陰で支えることは大きな使命感を感じますし、それをやり遂げたときの達成感は非常に大きな魅力だと思っています。

Q.5

これからの目標を教えてください

高速道路の更なる安全性向上と利便性向上へ向けた設備の整備と技術の発展に貢献していくことです。近年の技術革新は急速に進展していて、IoTの進歩はもちろんAI技術の発展など、新たな技術が次々と生み出されています。これらの技術を高速道路上の設備にも活用することで、今の時代に即したシステムの開発・導入や、高速道路設備の機能向上によりお客様の利便性を向上させること、またこれらの技術と、保全・サービスセンターで経験したことを活かして、より効率的な保守ができる環境を整えていきたいと考えています。

とある1日のスケジュール

スケジュール内容画像 スケジュール内容画像