MY PAGE ENTRY
INTERVIEW 01
事務系建設事業

東京支社 東京工事事務所事務所
用地第一課 T.M

2014年 入社 文学部 史学地理学科 卒業
※所属は取材時点のものです

CAREER PATH

今まで勤務した場所を記した地図画像
  • 01
    2014年4月
    東京支社 秦野工事事務所 用地第二課
  • 02
    2016年8月
    東京支社 東京工事事務所 用地第一課
  • 03
    2019年7月
    東京支社 建設事業部 補償審査課
  • 04
    2021年7月
    東京支社 建設事業部 用地課

取材年月:2017年12月

Q.入社の動機は?

高速道路をドライブしながら旅行することが好きで、NEXCO中日本管内にある日本有数の観光地の魅力を高速道路を通じて発信したいと思ったことがきっかけです。

Q.あなたの仕事はどんな仕事?

私の仕事は、東名高速道路と中央自動車道を結ぶ東京外かく環状道路の建設にかかる用地取得などです。この仕事は、高速道路の建設事業に必要な土地の取得や、事業の支障となる電柱や水道管等の移設協議など多岐にわたります。私の主な担当業務は土地の取得ですが、補償対象物件の調査、補償金額の算定、補償説明、契約の締結、登記、支払いなど、一連の業務をおこなっています。「用地取得が終われば建設工事の8割が完了する」と言われているくらい、用地取得は高速道路の建設プロジェクトの中で重要な役割を担っています。

Q.この仕事のやりがいは?

土地をお譲りいただく所有者のなかには高速道路の建設予定地になることで、お住まいの建物を移転する必要が生じる場合もあります。その場合には、土地所有者のお宅に何度も足繫く通い、現在の生活を再建するために一緒に考え、移転に対する不安や課題を払拭し、安心して移転してもらえるよう努め、土地所有者との信頼関係を築くことが重要となります。移転が完了した後に「色々ありがとう。応援している。」という声をきくことでやりがいを感じています。

Q.あなたが思うこの会社の魅力や特徴を教えてください

社会からの期待されているビックプロジェクトに携われることです。安全・安心な高速道路を早期に完成させるために、社員一丸となって協力しながら取り組んでいます。この会社に期待されるものは非常に大きく、特に高速道路の早期開通は地域のみならず日本全体から大きな期待を寄せられています。自分が行っているこの仕事が地域の活性化や日本社会の発展に貢献できることを直接的に感じられるところが、この会社の魅力の1つだと思います。

Q.これからの目標を教えてください

用地取得等の業務には民法や土地収用法など、多くの法律知識が必要です。現在は上司や先輩社員の手助けを頂き、足りない法律知識を補いながら業務を進めていますが、今後は先輩社員のように法律知識を蓄積していきたいと考えています。地域の方々に信頼され、高速道路を受け入れていただくためには、確かな情報や根拠により説明責任を果たすことが必要です。その情報や根拠となる法令等も日進月歩で変化していきます。これからも変動する社会情勢をしっかり捉えながら、地域に貢献できる仕事をしていきたいです。

ONEDAY SCHEDULE

  • 9:00
    出社 課内で一日のスケジュールを確認
  • 10:30
    不動産鑑定士に訪問し、土地評価に関する打ち合わせ
    土地の価格について、専門家の目で検証
  • 11:30
    午後に行う補償内容の説明資料の準備
  • 12:15
    昼食
  • 13:30
    土地所有者宅へ往訪し、補償内容の説明
  • 15:00
    帰社 上長へ補償内容の報告をおこない、記録簿を作成
  • 15:30
    水道管路の管理者と打ち合わせ
    工事工程に合わせた移設ルートや移設時期を調整する
  • 16:30
    課内の担当者と打ち合わせ
    補償金額の算定方法について検討する
  • 18:00
    翌日実施予定の土地所有者との境界立ち合いの資料作成
  • 19:00
    業務終了

事務系のインタビュー

インタビュー一覧へ戻る