MY PAGE ENTRY
INTERVIEW 01
土木・環境系建設事業

名古屋支社 建設事業部
企画統括チーム H.I

2011年 入社 理工学部 土木工学科 卒業
※所属は取材時点のものです

ホーム インタビュー 土木・環境系 H.I

CAREER PATH

今まで勤務した場所を記した地図画像
  • 01
    2011年4月
    名古屋支社 彦根保全・サービスセンター 保全担当
  • 02
    2013年8月
    東京支社 沼津工事事務所 技術課
  • 03
    2014年7月
    東京支社 沼津工事事務所 小山西工事区
  • 04
    2016年7月
    名古屋支社 建設事業部 企画統括チーム
  • 05
    2019年4月
    東京支社 秦野工事事務所 工務課

取材年月:2017年12月

Q.入社の動機は?

日本の大動脈といわれる東名・名神などの大都市をつなぐ高速道路を運営する当社であれば、学生時代に学んだ土木の知識を活かし、人々の暮らしをより豊かに、快適にすることで社会に貢献ができると考えたためです。

Q.あなたの仕事はどんな仕事?

建設中の高速道路の開通に向けて、工事事務所や本社などと協働して開通前の構造物の点検や検査、行政機関との協議、新しいインターチェンジの名称決定や開通時期の公表など必要な手続きを適切な時期におこなっています。また、現在あるいは将来の渋滞多発箇所への対策として車線数を増やすために必要な費用や期間の検討などの新たな事業の計画をおこなっています。

Q.この仕事のやりがいは?

”高速道路が開通する”ということは、1日でも早く高速道路が開通してほしいという大きな期待がある中、NEXCO中日本だけでなく、グル―プ会社、設計・施工会社、地域の方々などの協力により成し遂げられるプロジェクトであり、一体感をもってさまざまな困難を乗り越え事業を進めていくことにやりがいを感じています。2017年10月22日に開通した東海環状自動車道(養老JCT~養老IC間)では、地域の方々の早期開通の期待に応えるべく、必要な協議や手続きを短期間でおこなうことは苦労もありましたが、無事開通を迎えたときは大きな仕事を成し遂げた達成感が得られました。

Q.あなたが思うこの会社の魅力や特徴を教えてください

高速道路の建設から維持管理まで一連で携わることで、技術力の向上が図れるところです。新入社員のときは、開通後約50年経過した構造物の補修計画を検討する部署で、限られた予算でどこを優先的に補修していくのか、お客さまへの影響が最小限となり、かつ、経済的な補修方法は何かを検討して事業を進めていました。高速道路をつくる部署では、将来を見越して維持管理しやすい構造とするために、自身が維持管理をしたときに取り入れた方がよいと感じたものについて、担当する設計や工事に反映するなど、自分の想いを形にすることができる点も魅力だと感じています。

Q.これからの目標を教えてください

今後は、車線拡幅事業を実現し、高速道路のサービスレベルを高め、物流の効率化を通じた地域の発展に貢献していきたいと考えています。現在ある高速道路の車線拡幅事業の構造や施工計画の検討には、交通規制の制約がある中で橋梁や土工を拡幅する高度な技術力に加えて、安全性や経済性などを含めた幅広い知識が必要となります。そのために、多くの現場に行き、自らの目で見て、感じて、技術力や知識を身に付けていきたいです。

ONEDAY SCHEDULE

  • 9:00
    出社 メールチェック
  • 9:30
    事務所からの提出書類の確認
  • 10:00
    チームミーティングで各自の週間タスクとスケジュールの確認
    今後の業務方針について打ち合わせ
  • 12:15
    昼食
  • 13:00
    行政機関へ上司と共に出向き、事業進捗状況について打ち合わせ
  • 14:30
    車線拡幅事業の設計業務について上司と打ち合わせ
  • 15:00
    設計業務の受注者にメール、電話で業務方針を確認
  • 15:30
    事務所からの提出書類をもとに開通前におこなう点検業務の発注資料を作成
  • 19:00
    業務終了

土木・環境系のインタビュー

インタビュー一覧へ戻る