トピックス

このページを印刷する
  • 安全に走行いただくために
  • 料金・交通ホーム

冬の交通安全キャンペーンを実施します!実施期間:12/1(金)~12/22(金)

NEXCO中日本が管理する高速道路では、今年に入って、31件の交通死亡事故が発生しました(10月31日現在・弊社調べ)。年末年始に向けて高速道路をご利用されるお客さまが増えると予想されるなかで、悲惨な交通事故を防止するため、NEXCO中日本では、お客さまに交通ルールの遵守と運転マナーの向上を呼び掛けるなど、交通安全啓発活動に取り組みます。
高速道路をご利用の際は、次の「高速道路の交通安全ポイント」を参考に、安全運転を心掛けていただききますようお願いします。

高速道路の交通安全ポイント

高速道路上の停止車両や、車外に出ている人にご注意ください!
渋滞や故障、事故等により停止した車両に後続の車両が追突する事故や、故障や事故等の様子を確認するため車外に出ていた人がはねられる事故が多発しています。また、「ながらスマホ」など、運転以外の動作をしながらの運転が事故につながるケースも発生しています。

  • 渋滞により停止・減速する際は、急ブレーキはせず、ハザードランプを点灯して後続車への合図をお願いします。
  • 高速道路上で事故や故障などにより停止した場合は、後続車へ合図したあと、通行車両や足元に注意しながら、自分の車より後方の、ガードレールなどの防護柵より外側の安全な場所に避難し、通報をお願いします。
  • 時速100kmで走行中の車両は、1秒間におよそ28m前に進みます。考えごとや景色に気を取られての「わき見運転」や、運転しながら携帯電話やスマートフォンなどを操作する「ながらスマホ」は大変危険ですので、絶対にやめてください。歩きながらの使用も大変危険ですので、休憩中も交通ルールとマナーを守ってご利用ください
  • 走行中は、思わぬところで渋滞、事故、故障や落下物などが発生している“かも”。道路情報板やハイウェイラジオなどの情報をチェックするとともに、前方で思わぬ事態が発生している「かもしれない運転」を心がけて安全に走行しましょう。

落下物にご注意ください!
高速道路上の落下物に乗り上げたり、落下物を避けようとした際に他の車両に衝突する等の事故が発生しています。

  • 落下物の責任は落とした人にあります。出発前には車両の点検をしっかりおこない、荷物を積載する場合はシートをかけてロープで固定するなど、走行中にゆるんだり、落下させたりしないよう注意してください。
  • また、サービスエリアやパーキングエリアでの休憩に合わせて車両や積荷の再点検をおこなってください。
  • 万が一、走行中に落下物を見つけた場合は、急ハンドルや急ブレーキはせず、周囲の車両に気を付けて落下物を避けてください。思わぬ事態に備えて、日頃から安全な速度で、十分な車間距離を取り、前をよく見て走行しましょう。
  • 落下物を見つけた場合は、安全な場所から道路緊急ダイヤル(#9910)に通報をお願いします。通報を受け、高速道路会社の道路管制センターが道路情報板に「落下物注意」の情報を流すとともに、交通管理隊が落下物を回収します。

冬の高速道路では、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行を!
本格的な降雪シーズンを迎え、高速道路上でも雪が降ったり積もったりすることがあります。突然の雪や路面状況の変化に備えて、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。

  • 冬の高速道路、特に山間部では、突然雪が降り出したり、トンネルの出口で天気が急に変わったりすることがあります。冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。
  • ノーマルタイヤでの積雪道路の運転は法令違反になります(5万円以下の罰金)。
    ※都道府県道路交通法施行細則または道路交通規則により、車両等の運転者は、積雪している道路においてすべり止めの措置を講ずる義務が定められています(沖縄県を除く)。
    PDFファイルリーフレット
  • 雪道での急ブレーキ・急ハンドルは大変危険です。安全な速度で、十分な車間距離を取り、前をよく見て走行しましょう。
  • 高速道路の雪道情報はiHighway中日本(新しいウィンドウを開きます。http://c-ihighway.jp/web/map_tokai_winter.html)でご確認いただけます。お出かけ前にチェックをお願いします。また、冬の雪道ドライブガイド(http://www.c-nexco.co.jp/special/snow/)もご確認ください。

交通安全イベントの実施

NEXCO中日本ではキャンペーン期間を中心に、警察や関係機関などと協力して、主要なサービスエリア・パーキングエリアなどで交通安全イベントをおこないます。交通安全にちなんだ展示や体験コーナーを設ける会場もございますので、高速道路をご利用の際にはぜひお立ち寄りください。

PDFファイル交通安全イベント予定
※天候その他の事由により中止させていただく場合があります。あらかじめご了承くださいますようお願いします。

≪お客さまへの呼び掛け≫

≪発炎筒の着火体験≫

≪交通管理隊が回収した落下物の展示≫

≪道路パトロールカーの展示≫

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     【12月11日夜~12日】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道 美並IC ~ 白川郷IC
    中央自動車道 駒ヶ根IC ~ 中津川IC

     

     

    なお、下記の高速道路の区間においても降雪が予想されています。

     【12月11日夜~14日朝】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道

    美濃IC ~ 小矢部砺波JCT

    ※大雪の予想区間を含みます
    中央自動車道

    須玉IC ~ 瑞浪IC

    ※大雪の予想区間を含みます
    長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    北陸自動車道 長浜IC ~ 朝日IC
    舞鶴若狭自動車道 小浜IC ~ 敦賀JCT
    名神高速道路 大垣IC ~ 関ヶ原IC

     

     

     高速道路で、一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。高速道路をご利用いただくときは、冬用タイヤの装着およびタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、気象予報をご確認いただくなど、今後の交通への影響にご注意いただきますようお願いいたします。

     

     

    今後の交通への影響

    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    本格的な降雪シーズンにあたって

    冬の高速道路は急な降雪や大雪のおそれがあります。お出かけの際は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、道路交通法により法令違反となります。

    詳しくはこちらPDFファイル

     

     

    【関連情報】
    ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド
    ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本