渋滞予測・おでかけガイド 2017冬

このページをお気に入りに追加

渋滞予測・おでかけガイド 2017冬

渋滞の少ない道路、日時をうまく選択すれば、渋滞をさけることができます。人気の観光情報やサービスエリアのグルメ情報、季節のキャンペーン情報など、車でのおでかけに役立つ情報を事前にチェックして快適ドライブを!

役立つ情報、ぎっしり。渋滞との向き合い方

渋滞を発生させないために。

まず、渋滞発生のメカニズムを知ろう。

高速道路には、ほぼ同じ場所、同じ時間帯に渋滞が発生するポイントがあります。そして、その場所には車の速度が落ちてしまうための原因があります。例えば、上り坂が始まる場所だから、トンネルの入口だから、合流地点があるから、接続する道路が渋滞しているから──。まずは、地形とドライバーの心理状態などが重なり合って発生する、渋滞のメカニズムをみてみましょう。
渋滞のメカニズムと対策はこちら

交通事故を起こさないために、渋滞時の運転チェックポイント。

車がノロノロとしか進まない。そんな時は、イライラが募って「しまった!」という状況にもなりがちです。事故を起こさないために、渋滞時の運転チェックポイントをもう一度確認しましょう。
  1. 渋滞を発見したら、後続車にハザードランプで知らせること。追突事故を防ぎます。
  2. 脇見運転は厳禁。渋滞時は車間距離が詰まりがちのため、車同士の接触にもつながります。
  3. 無理な車線変更はしないこと。どうしても、という場合はバックミラーや目視で安全を確認し、ウィンカーで合図して、スペースができたら車線変更をします。
  4. 路肩走行、路肩停車はしないこと。緊急時の救急活動の妨げにもなります。

クルマも寒さ対策を忘れずに。冬の整備チェックポイント。

冬の高速道路で立ち往生しないために、冬用タイヤの装着が安全走行をアシストします。もし未装着なら、チェーンの準備はお出かけ前に忘れずに。お出かけ後でも、規制が見込まれたらSAやPAで早めに準備をしてください(チェーン装着に慣れていなければ、出発前に練習しておくことをオススメします)。また、気温が下がるとバッテリーのパワーもダウンします。出発時、エンジンがかかりにくかったり、ヘッドライトがふっと暗くなることがあれば要注意です。

時間を早めて、お得に帰省を。お正月渋滞減らし隊キャンペーン、実施中。

渋滞減らし隊お正月キャンペーン

渋滞の発生が予測される年末年始の期間中、条件をクリアすればお買い物券(SA・PAチケット)をもれなく1,000円分、さらに抽選で100名さまに5,000円分を進呈する新しいウィンドウを開きます。渋滞減らし隊お正月キャンペーン」を実施しています。高速道路のご利用時間を分散させることで、渋滞緩和にも効果があるキャンペーンに、ぜひご参加ください。

渋滞と出会わないために。

早めに計画を立てよう。

できれば渋滞に出会うことなく目的地へ到着したい、帰ってきたい。そんなサクセスプランの第一歩は、渋滞予測を調べて、スケジュールを早めに立てることです。頼りになるのは 渋滞予測ガイド。いつ、どこで渋滞が発生するかが一目瞭然です。

出発時間を調整しよう。

出発と帰宅の日にちが決まったら、次の課題は何時頃に出発するか。 渋滞予測ガイドには、渋滞が発生する時間帯、ピークの時間が表示されるため、それを避けて通行するように出発時間を調整してください。

ルートの代案を持とう。

例えば、名古屋ICから御殿場ICに行くルートは? ドライブコンパスで検索すると、3種類のルートが表示されます。もし予定しているルートがまさかの大渋滞!とわかったら、即座に別ルートで目的地へ。渋滞を避けるために、代案ルートが役に立ちます。
詳細はこちら

交通情報をリアルタイムでチェックしよう。

いまどの辺りで、どれくらいの長さの渋滞が発生しているか。リアルタイムの情報入手は、快適ドライブの最後のツメです。まずは、ハイウェイラジオや情報板での確認を忘れずに。また、いまの渋滞状況が一目で分かる 新しいウィンドウを開きます。i Highway 中日本は携帯電話でも見ることができるため、同乗者が最新情報をチェックできます。さらに、休憩タイムも大切な情報入手タイム。SA、PAに設置したハイウェイ情報ターミナルやサービスエリア・コンシェルジュも情報源になります。
詳細はこちら

渋滞との遭遇が予測できたら。

ガソリンの残量、大丈夫かな。

高速道路での故障原因、その約15%を占めるのが燃料切れ。「しまった!」とならないためにも“給油をしてから高速道路”が安心です。ドライブ途中は、多くのSA、PAに ガスステーションが設けられているので、早めの給油を心がけてください。また、NEXCO中日本のエリア内SA・PAには、電気自動車が充電できる 給電スタンドも設置しています。

ストレッチで、身体と心をリフレッシュ。

渋滞に遭遇したら、休憩タイムは思い通りにとれなくなります。事前にSAやPAに立ち寄ってストレッチをするなど、身体と心をリフレッシュしてください。
簡単にできるストレッチ──腰篇
椅子に座ったまま、ひねる方向の座面をつかんで、上体をゆっくりひねります。そのまま5秒間保ったら、ゆっくり元に戻します。次に逆方向も同じ動作をしてください。
椅子の背もたれを持ち、足を前後にずらします。前の足の膝を曲げながら、後ろの足をゆっくり伸ばします。5秒間姿勢を保ち、ゆっくり元に戻します。左右の足を入れ替えて同じ動作をしてください。
簡単にできるストレッチ──肩篇
背筋を真っ直ぐ伸ばし、両肩を引き上げます。10~15秒間そのままの状態をキープして、ストンと降ろします。これを3回ほど繰り返します。場所を取らないため、車中でもできるストレッチです。

眠気を感じたら、何より仮眠。

眠気を感じたら、コーヒーを飲む。ガムを噛む。大きな声で歌う。ただし、無理は禁物です。渋滞遭遇前に思いきってSAやPAで仮眠をとることをお勧めします。まだ本格的な眠りに入らず、スムーズに目覚めることができるくらいの時間が適当と言われています。

エアコンが効いた車内は、乾燥注意報発令中。

エアコンが効いた車内は、乾燥注意報発令中。

冬は乾燥が気になる季節。狭い車内で暖房をすると、なおさら注意が必要です。お肌はもちろんですが、運転で酷使している目にも乾燥した車内は良い環境とは言えません。目薬を用意するなど対策を立てておきましょう。また、のどを守るためには水分補給やのど飴が効果的。最近は、車用の加湿器も販売されているのでご検討を。

渋滞に備えるファッション、足下にも心配りを。

渋滞時の長時間ドライブに負けないファッション、その選択のモノサシは疲れないこと。ストレッチ素材など身体の動きをジャマしないウェアやパンツが最適です。また、見過ごされがちな足下も、実は大切なチェックポイント。頻繁に繰り返されるペダルワークがスムーズにできるように、薄く、滑りにくいソールの靴がお勧めです。

渋滞に遭遇したら。

香りでリフレッシュ、アロマをどうぞ。

渋滞に遭遇したドライバーの気分転換、アロマも有効な方法です。例えば、爽快感のある香りが特長のペパーミントや肉や魚料理の臭みを取る際にも用いられるローズマリーは、脳の活性化に有効と言われ、リフレッシュに最適です。アロマオイルを数滴垂らしたデュフューザーをアクセサリーソケットやシガーソケットに差し込めば、香りが車内に広がるセットもカー用品店などで販売されているので、気軽に楽しむことができます。

エアコンの、エコな使い方。

エアコンの、エコな使い方。

渋滞時、バッテリーに負担をかけない省エネドライブのために、エアコンの上手な使い方を覚えましょう。まずエアコンの自動運転が可能であれば、「AUTO」スイッチをONに。設定温度になると温度も風量も自動的に調節するため、余分な電力消費を抑えます(マニュアル運転の場合は、こまめな風量調節を忘れずに)。また、ウィンドウがくもった時は「デフロスター」というのが定石ですが、外気導入をON※にしておくと、くもりにくくしてくれます。これも、省エネテクニックの一つです。

みんなの"渋滞との向き合い方"、ご紹介します。

渋滞に遭遇しないために、みなさんはどんな工夫をしているのでしょうか。また、渋滞に遭遇したら、ドライバーや同乗者は車内でどんな時間を過ごしているのでしょうか。ここでは、十人十色の“渋滞との向き合い方”を大公開。今度のドライブで使えそうな情報、見つかるかも知れませんよ。

今度の連休は渋滞確実!その時、あなたは?

ついに、渋滞と遭遇!その時、あなたは?