1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. E41 東海北陸道 荘川IC~飛騨清見IC 本線の長大切土のり面の変状について

ニュースリリース

このページを印刷する

2018年07月08日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

E41 東海北陸道 荘川IC~飛騨清見IC 本線の長大切土のり面の変状について

かつて経験のない長期間降り続く大雨の影響で、現在、NEXCO中日本管内の高速道路で以下のとおり災害が発生しております。

E41東海北陸自動車道(E41東海北陸道)荘川IC~飛騨清見IC間において、本線の長大切土のり面に変状が発見されました。この変状は長大切土のり面の上段から中段の広範囲に発生しており、安全に走行いただくためには応急復旧工事が必要なため、相当な時間を要する見込みです。現在、現地の詳しい被災状況を調査中であり、復旧に向けた見通しは立っておりません

当社としては、お客さまの安全を第一に、できるだけ早期に交通が確保されるよう全力を尽くしてまいります。お客さまにはご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。

被災場所

E41 東海北陸道 荘川IC~飛騨清見IC(下り線側) 所在地:岐阜県高山市清見町

  

 

 

  

   

お問い合わせ先

 【高速道路に関するお問合せ】

NEXCO中日本お客さまセンター(24時間) TEL 0120-922-229(フリーダイヤル)

※上記電話をご利用になれない場合は、TEL 052-223-0333(通話料有料)

■交通事故の通報は警察(110番)へ