• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用
  1. 企業情報ホーム>
  2. プレスルーム>
  3. ニュースリリース>
  4. 愛知県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します

ニュースリリース

このページを印刷する

2017年12月22日

  • 名古屋支社
  • 交通・規制
  • プレスリリース

愛知県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します

中日本高速道路株式会社名古屋支社
名古屋高速道路公社

NEXCO中日本 名古屋支社は、2017年12月22日(金)に、愛知県内で初めて高速道路ナンバリング標識の運用を開始します。
また、名古屋高速道路公社では、今後準備が整い次第、高速都心環状線の路線番号を現在の「R」から「C1」へと変更します。併せて英語表記を「Ring」から「Circle 1」に変更します。
高速道路ナンバリングとは、整備が進む我が国の高速道路ネットワークにおいて、路線名に併せて路線番号を用いて、訪日外国人をはじめ、すべての利用者にわかりやすい道案内を実現するものです。今後は、順次ナンバリング標識への対応をおこなってまいります。

 

設置個所

  • E1 東名高速道路(下り線)岡崎IC~豊田JCT間 ・・・・・・ 1個所
  • E1A 伊勢湾岸自動車道(下り線)豊田東IC~豊田JCT間 ・・・ 1個所

 

ナンバリングの事例

高速道路本線標識(所要時間板)


※ 今回設置する高速道路ナンバリング標識は、豊田JCTから草津JCTまでの経路選択支援として、各ルートの所要時間を表示する所要時間板です。

参考資料: PDFファイル高速道路ナンバリングについて