• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

進化の源泉

このページをお気に入りに追加

環 境

新東名高速道路 大平高架橋

新東名高速道路 大平高架橋

NEXCO中日本グループは、環境方針のもと、高速道路のネットワーク化や渋滞解消によるCO2排出量の削減、高速道路を通じた環境改善などに取り組んでいます。
持続可能な社会を実現し、美しい地球と地域を未来に残すため、グループ一丸となって環境活動を推進していきます。

環境方針

NEXCO中日本グループは、安全を何よりも優先し、安心・快適な高速道路空間をお届けするとともに、高速道路ネットワークの効果を、次世代に繋がる新たな価値へ拡げることにより、地域の活性化と暮らしの向上、日本の社会・経済の成長、世界の持続可能な発展に貢献し続けます。
当社の事業は、高速道路という社会インフラを通じて、お客さまをはじめとするステークホルダーの皆さまのみならず、環境と広く関わりを持っています。
このため当社は、環境マネジメントシステムを構築し、環境マネジメントの目的・目標を明らかにするとともに、環境法令及び当社が約束した事項の遵守ならびに環境汚染の予防に努め、継続的な改善に取り組みます。また、環境マネジメントシステムの運用にあたり、その基準、手順等を定めて文書化し、定期的に見直します。さらに、NEXCO中日本グループ会社と連携し環境に関わる次に掲げる活動や技術開発に挑戦します。

  • 1,874千t-CO2(2016年度実績)CO2削減量

環境に関わる経営上の重点施策

・地球温暖化の抑制

高速道路ネットワークの整備や渋滞緩和、省エネルギーなどの取組みにより、地球温暖化の抑制に貢献します。

・資源の3Rの推進

廃棄物の発生の抑制や、事業活動により発生する副産物の有効活用などの資源の3R(リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用))に努めます。

・地域環境への配慮

動植物の生息・生育環境への負荷を低減する「エコロード(自然環境に配慮した道)」づくりなど地域環境への配慮を推進します。

この環境方針は、全ての従業員に周知するとともに公開します。

中日本高速道路株式会社 代表取締役社長CEO 宮池 克人

地球温暖化の抑制

事業に係るCO2の排出量削減

高速道路に関連して排出されるCO₂は、自動車交通に起因するものが大きな割合を占めています。一般道路より安定した速度で走行できる高速道路の整備が進むことで、自動車交通からのCO₂排出が抑制されます。
2016年度の当社管内の高速道路における自動車交通に起因するCO₂の排出量は推計約8,102千t­-CO₂ですが、この交通が一般道路(国道)の速度で通行したと仮定して推計すると、その排出量は約9,936千t­-CO₂となり、その差1,834千t­-CO₂が削減されたと考えられます。

これらの取組みのほか、ETCレーン整備による料金所渋滞の解消、省エネルギーの取組み、再生可能エネルギーの導入などにより、2016年度のCO₂削減量は、1,874千t­-CO₂となりました。

CO2削減量

道路照明の長寿命化、省電力化

トンネル内の老朽化した照明設備(ナトリウム灯)を、LED照明などの省電力かつ長寿命の灯具に交換しています。また、新規建設路線では、道路照明や内部照明式標識にLED照明を採用しています。
道路照明は高速道路の電気使用量の3割以上を占め、LED化により大幅に電気消費を抑えることが出来ます。

電気使用量の内訳(2016年度)

電気使用量の内訳(2016年度)

改良前(ナトリウム灯)

 

改良後(LED照明灯具)

EV(電気自動車)急速充電器の整備

当社では、EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリット自動車)を利用されるお客さまの利便性の向上をめざし、充電インフラネットワークの拡充を実施しています。
2016年度は、東名高速道路 鮎沢PA(上り線)に計1基(1カ所)を新設し、当社が管理する高速道路でご利用いただけるEV急速充電器は、2017年3月末現在で、103基(95カ所)となりました。

EV急速充電器設置場所はこちら

EV急速充電器の利用回数と累計整備数の推移

EV急速充電器の利用回数と累計整備数の推移
休憩施設に整備したEV急速充電器

休憩施設に整備したEV急速充電器

資源の3Rの推進

緑のリサイクル

高速道路内の樹木の剪定や雑草の刈り取りで発生した植物発生材を、堆肥やマルチング材にリサイクルしています。
堆肥は植栽時の土壌改良材などに、マルチング材はのり面などの防草対策に有効活用しています。2 0 1 6 年度のリサイクル率は85%でした。

緑のリサイクル量(2016年度)

植物発生材のペレット化

高速道路で発生する植物発生材をペレット化する設備を神奈川県足柄上郡山北町(旧鮎沢パーキングエリア)に整備しました。 製造したペレットは料金所の空調などに試行的に活用しています。

  剪定枝や刈り草を集積
整備した設備でペレット化   完成したペレット

清掃に伴う発生材のリサイクル

高速道路の路面清掃により発生したごみや土砂などの廃棄物を分別して、ビン・ペットボトルなど再資源化が可能なものはリサイクルしています。再資源化できないものは廃棄物処理法に基づき適切に処分しています。

路面清掃に伴う発生材のリサイクル量(2016年度)

水使用量の削減

休憩施設のお手洗いの洗浄水は、雨水や中水※1の利用、節水型便器や無水型便器などを採用し、水使用量の削減に努めています。

※1 中水とは、食器の洗浄などで一度使用した生活排水を再生処理し、トイレ洗浄水などに循環利用する水のことを指します。

無水型便器 岡崎SA

再生水(中水)処理施設数の推移

トンネル換気設備の再利用

車両の環境性能向上などに伴い、不要となったトンネル換気設備を、分解・整備(オーバーホール)して再利用しています。2016年度は8基の換気設備を再利用しました。

再利用例

TOPICS 環境評価型融資を利用した資金調達

2017年2月に、株式会社 三井住友銀行より、「SMBC環境配慮評価融資」を利用した資金調達を行いました。
このような環境評価型融資は、高速道路会社では初となる取組みです。融資の決定に際しては、当社グループが環境方針に掲げる「地球温暖化の抑制」「資源の3Rの推進」「地域環境への配慮」の3つの重点施策に基づく取組みに加え、ISO14001環境マネジメントシステムの認証取得などの取組みが、優れた環境配慮を実施していると評価されました。この融資は別途調達される資金とあわせ、高速道路の建設・整備資金に充当されます。

地域環境への配慮

エコロード(自然環境に配慮した道)づくり

高速道路の建設は、周辺の動植物の生息・生育基盤の消失や動物の移動経路の分断をもたらす恐れがあります。 当社グループでは、生物多様性に配慮し、地域生態系への影響を最小限に抑えるため、エコロードづくりに取り組んでいます。
2016年2月に開通した新東名高速道路(新東名) 浜松いなさJCT~豊田東JCTにおける取組みを紹介します。

希少植物の移植と生育確認

工事着手前に、エビネやキンラン等の希少植物が発見されたため、工事の影響の少ない場所に移植しました。
日照等、移植植物の生育に適した環境条件を考慮して移植し、追跡調査で9割以上の生育が確認されました。

 
移植作業の様子   造成した移植場所
動物の侵入対策

新東名は、イノシシやシカなどの動物の生息域である山間部を通過するため、立入防止柵を高くする、ガードレールに飛び出し防止のネットを設置する、排水溝に侵入を妨げるフタを設置するなど様々な動物の侵入対策を講じました。その結果、他路線に比べ高速道路内への侵入が少なくなっています。

 
シカなどの大型動物侵入対策   タヌキなどの小動物侵入対策
水辺の生物の移殖と生息確認

準絶滅危惧種(愛知県)に指定されている水生昆虫ヒメタイコウチを、工事の影響を受けない場所に移殖しました。追跡調査では、元の個体数が維持されていることが確認され、自然環境下で2年以上生息するという貴重な知見が得られました。
また、国の絶滅危惧ⅠB類に指定されている魚類トウカイナガレホトケドジョウなども、生物がすみやすいよう配慮し造成した代替河川に移殖し、その後の生息が確認されました。

 
ヒメタイコウチ   生き物に配慮した代替河川
鳥類、哺乳類の生息環境の創出

高速道路建設地及び近隣地に鳥類等のための巣箱を設置しました。鳥類だけでなく、準絶滅危惧種(愛知県)に指定されているムササビの姿も確認されています。

 
巣箱を利用するムササビ   巣箱内の鳥類の卵

外来植物の駆除活動

富士箱根伊豆国立公園内に位置する東富士五湖道路では、生態系や景観の保全のため、オオブタクサやアレチウリなどの外来植物の駆除を、NPO法人や山梨県の研究機関と協働し、有識者の指導のもとで行っています。

外来植物の駆除活動

環境コミュニケーション

地域の皆さまとの協働

お客さまや地域の皆さまとの環境を通じたコミュニケーションを大切にし、地域との連携を進めています。建設中の新名神高速道路 亀山西JCT付近(三重県亀山市)では、2014年からこの地域にゆかりの深いミツマタ約3000本を地域の皆さまと植樹しました。

ミツマタの植樹

国立公園オフィシャルパートナーシップ

2017年3月に環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結し、国立公園の魅力を活かした、地域間交流の促進や地域の活性化に取り組んでいます。

環境マネジメント

NEXCO中日本グループの環境活動を継続的に改善していく環境マネジメントを経営に取り入れて活動を進めています。

環境活動成果

高速道路が環境に及ぼす影響は広範囲にわたることから、環境活動の効果やコストを幅広く定量的に把握しています。

事業活動結果

高速道路や休憩施設の建設、維持管理を行う上で、その事業活動が環境に与える影響(環境負荷)の定量的な把握に努めています。事業活動に関する2016年度の環境負荷のマテリアルフローは以下のとおりです。

環境会計

2016年度の集計結果

環境保全コスト

環境保全コストは事業活動に応じ、事業エリア内コスト、管理活動コスト、研究開発コスト、社会活動コストに分類し、投資額と費用額のそれぞれについて算出を行いました。
その結果、2016年度の投資額は、1,061百万円、費用額は7,556百万円となりました。

環境保全効果

環境保全効果は、「事業活動から排出する環境負荷に関する指標」「事業活動から排出する廃棄物に関する指標」「その他の指標」に分類して整理を行いました。
このうち、2016年度の渋滞対策によるCO2削減量は、 1,848千t-CO2となりました。

環境保全対策に伴う経済効果

環境保全対策に伴う経済効果(環境保全対策を進めた結果、企業などの経済的利益に貢献する効果)については、2016年度に発生が回避されたと認められる費用を算定しました。建設発生土などの再利用・再生利用やガードレール、トンネル設備のリユースなどにより、2016年度は10,536百万円の経済効果となりました。