• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

ステークホルダーへの取組み

このページをお気に入りに追加

お取引先の皆さまとともに

主要施策

公正・透明な手続きのもと、「より安全なものをより確実に、より良いものを
より安く」を基本とし、調達活動を行います。

NEXCO中日本グループお取引先CSR推進ガイドラインに基づき、
お取引先の皆さまとともにCSR調達を推進します。

調達活動

公正な取引

「NEXCO中日本グループ調達の基本方針」である公正な取引の推進、法令遵守、入札・契約情報の積極的な開示などを推進し、入札契約手続きの適正化と透明性を確保しています。

●入札契約手続きの適正化、透明性の確保の具体策

・入札監視機能
社外有識者による「入札監視委員会」を設置し、入札及び契約手続きについて審議いただき、意見や勧告に基づき是正を図っています。(年10回開催)
審議内容は当社ウェブサイトの「入札監視委員会の審議概要」に掲載しています。
また、入札結果などの事後審査や統計のとりまとめ及び分析を行うとともに、談合等不正行為の疑いがある場合は調査を行うことにより、手続きの適正化に努めています。

・入札契約情報の公開
年間発注見通しや入札結果、契約締結結果など、積極的な情報開示を実施しています。入札契約情報などは、当社ウェブサイトの「発注見通し公表」「入札情報」に掲載しています。

●暴力団関係企業等の排除の徹底

当社と警察庁との間で暴力団関係企業等の排除に関する合意書(2013年3月29日)を締結し、警察との緊密な連携のもと、当社が発注する工事などから暴力団関係企業等の排除を徹底しています。

●総合評価項目の見直し

Q・C・D(品質確保・コスト縮減・納期の確実性)に重点を置き、若手技術者の中長期的な育成・確保にも目を向け、企業の技術力などを総合的に評価する入札・契約制度を推進します。2014年度は、過度な技術提案の抑制や総合評価(簡易型)をWTO政府調達協定基準額以上の工事へ適用拡大など総合評価方式の見直しを行いました。

CSR調達の推進

●お取引先の皆さまへの説明会の実施

地域・社会の持続的な発展のために、「NEXCO中日本グループ お取引先CSR推進ガイドライン」(2012年1月4日公表)を定め、説明会やセルフチェックなどを通じてお取引先の皆さまとともにCSR調達を推進しています。
また、高速道路の建設・修繕工事や調査・設計業務の受注者の皆さまとの意見交換会を実施し、設計変更ガイドラインなどにその意見を反映することや入札方式の改善、材料・労務単価・諸経費を含めた積算基準の見直しを行うことにより発注者の責務を果たし、工事管理の改善に努めています。

お取引先CSR推進ガイドライン
説明会の状況

説明会の状況