• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

ステークホルダーへの取組み

このページをお気に入りに追加

地域社会とともに

主要施策

地域との連携を図りながら、地域の人々の生活に密着した事業を行い、
地域社会の発展に貢献します。

地域との連携、地域と密着した事業展開

地方公共団体との連携

高速道路を活用した地域産業・観光の振興、地産地消の促進、文化交流、人材育成などや、災害発生時の協力体制強化のため、当社事業エリア内の1都11県と「包括的連携協定」を締結し、地域との連携を強化しています。
2014年度は、静岡県と南海トラフ巨大地震などの大規模災害発生時に休憩施設を防災拠点として活用するための基本協定を締結しました。
また、地方公共団体などと連携し、高速道路を活用した観光促進に力を入れています。周遊エリア内の高速道路が定額で乗り放題となる「速旅」などの企画割引を2014年度には8種類販売し、地域の観光施設で使える優待券などを付けたリーフレットを配布するハイウェイキャンペーンなどを実施しました。

企画割引「速旅」

企画割引「速旅」

越中・飛騨観光圏協議会と実施したキャンペーン

越中・飛騨観光圏協議会と実施した
キャンペーン

地域に愛されるエリアづくり

地産地消の促進のため、地域との連携による「農匠マーケット」をNEOPASA清水(上下線一体)、NEOPASA浜松(上下線)で定期的に開催しています。
EXPASA多賀(下り線)では、 周辺地域の皆さまによるフリーマーケットを定期的に開催しています。

地産商品の販売 軽トラ市(NEOPASA清水(上下線一体))

地産商品の販売 軽トラ市
(NEOPASA清水(上下線一体))

フリーマーケット(EXPASA多賀(下り線))

フリーマーケット
(EXPASA多賀(下り線))

高速道路の機能強化による災害時の地域支援

広域災害への備えとして、自衛隊などの救援部隊の進出拠点としての活用や高速道路のお客さま及び周辺住民の一時避難に対応できるよう、休憩施設の防災機能強化を進めています。

休憩施設の防災拠点としての活用イメージ

休憩施設の防災拠点としての活用イメージ

障がい者就労支援

地域や福祉の社会課題解決や、次世代の育成を目的に、事業活動を通じて社会に貢献します。
障がい者団体と連携し、当社管内96カ所(地区)で、高速道路の清掃や植栽作業などの就労支援に積極的に取り組んでいます。
2014年度 就労支援件数193件

教育への貢献

小・中学生を対象に、職場体験の機会提供や、交通安全教育を推進しています。

ガムバスター体験をする生徒たち

ガムバスター体験をする生徒たち

両手で丁寧に模擬収受体験

両手で丁寧に模擬収受体験