• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

特集安全性向上への不断の取組み

このページをお気に入りに追加

2012年12月2日、当社が管理する中央自動車道 笹子トンネル(上り線)における天井板落下事故により、9名もの尊い命が失われ、多くの方々が被害にあわれました。
お亡くなりになられた皆さま、ご遺族の皆さまに対しまして、深くお詫び申し上げますとともに、お亡くなりになられた皆さまのご冥福を心からお祈りいたします。また、事故によってお怪我をされた皆さまや、ご迷惑をおかけした皆さまに心からお詫び申し上げます。

笹子トンネル天井板落下事故について

NEXCO中日本グループでは、『安全性向上3カ年計画』を継承した「5つの取組み方針」を新たに定め、改めて笹子トンネル天井板落下事故をしっかりと胸に刻み込み、「二度とこのような事故を起こしてはならない」という深い反省と強い決意を胸に、高速道路の「安全性向上」という永遠の挑戦課題に取り組んでまいります。

安全性向上への「5つの取組み方針」

私たちは、2012年12月2日に引き起こした笹子トンネル天井板落下事故を決して忘れず、お客さまに安全な高速道路を提供し続けることこそ、最大の使命であるとの強い決意のもと、次の「5つの取組み方針」に基づき、安全性向上の取組みを持続的に進めます。

  1. 1.安全を最優先とする企業文化の醸成

    グループ内の連携・コミュニケーションの充実により、安全を最優先とする価値観が共有され、自律的な行動が展開される企業文化を醸成します。

  2. 2.道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した業務プロセスの継続的改善

    道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した計画・実行・評価・改善のサイクルを着実に実践し、現場に根ざした業務の継続的改善を行います。

  3. 3.安全活動の推進

    海外を含む社内外の安全に関する多様な情報の収集・共有や、最新の知見によるきめ細かな現場への支援・指導等に加え、社外の視点も採り入れ、組織横断的な安全活動を推進します。

  4. 4.安全を支える人財の育成

    安全を最優先し、強い責任感・意欲・誇りと、高い技術力を持って自ら考え行動する人財を育成します。

  5. 5.安全性向上に向けた着実かつ効率的な事業の推進

    点検・補修技術の更なる向上と、効果的な経営資源の投入により、安全性向上に向けた事業を着実かつ効率的に実施します。

「5つの取組み方針」に基づく取組みの状況(2016年度)

1. 安全を最優先とする企業文化の醸成

  • 経営方針の最上位に「高速道路の安全性向上と機能強化の不断の取組み」を位置づけ、経営の根幹としてグループ全体で安全性向上に取り組んでいくことを明示しています。
  • 笹子トンネル天井板落下事故の風化防止、安全を最優先とする経営理念等の更なる浸透など、グループ全体で安全文化を醸成するため、『安全性向上3カ年計画』からの取組みをPDCAサイクルを回しながら継続しています。

1一人ひとりの「安全を最優先とする意識」の維持向上

■経営理念等の更なる浸透

  • ・研修における役員講話や「安全対話」などでの経営理念等の策定の背景等の説明を通じた浸透
  • ・所属長のリーダーシップと率先垂範、リードオフマン、ミドルリーダーとの協働による「育ち」活動を展開(生産性向上参照)

■グループ全体での「安全の日」の取組み

  • ・12月2日をNEXCO中日本グループの「安全の日」と制定
  • ・「安全の日」には、追悼慰霊式を執り行い、全職場において、黙とう、安全に関する職場討議を実施
各職場での「安全の日」の取組み

職場での追悼慰霊式の中継放映

2016年の追悼慰霊式では、ご遺族さまのお気持ちにお応えしつつ、グループを挙げて笹子トンネル天井板落下事故の風化防止に努めるべく、事故後に入社した若手社員や第一線で現場を担う社員及びグループ社員など、20名が式典に参列するとともに、参列できない社員に向けて追悼慰霊式の模様を中継により社内放映しました。

安全に関する職場討議

2経営陣及び各職場の所属長による安全を最優先とする姿勢・行動の率先垂範

  • ・経営陣は、経営理念や経営方針を具体的なメッセージとして継続的に発信
  • ・各職場の所属長は、経営理念や経営方針を、日々の業務に落とし込み、自らの言葉で発信
  • ・安全に関する情報を重視する姿勢を示し、社員からの安全提案等に対する表彰を実施

3安全に関するコミュニケーションの充実

  • ・「安全対話」など、経営陣と社員との直接的な対話の実施
  • ・「建設・保全合同会議」、「構造物のリスクに関する調査検討会」など部門間の安全に関するコミュニケーションの充実
経営陣との「安全対話」

社長CEOからの説明

2016年度からの新たな取組みとして、笹子トンネル天井板落下事故の風化防止と、現場の課題の共有を図るため、全35事務所を対象とした「安全対話」を実施しました。

経営陣と社員との意見交換

4自律的なリスクマネジメントの推進

  • ・階層別研修や講演会などを通じたリスク意識の更なる浸透
  • ・現場組織を含む各部署での自律的なリスクマネジメントの実施と、経営陣を中心とした全社的な視点でのモニタリング

2. 道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した業務プロセスの継続的改善

  • 将来の安全や維持管理を重視した設計・施工、建設事業における各種情報の保全・サービス事業への確実な引継ぎ、保全点検、維持修繕に係る計画策定から実施に至る維持管理サイクル(維持管理サイクル)の確実な循環、道路事業全体を通じての安全に関する情報の共有など、道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応するために『安全性向上3カ年計画』で整備したルールや仕組みを現場の日常業務の中で定着させ、グループ一体となって業務のPDCAサイクルを着実に実践しています。
  • 整備したルールや仕組みを形骸化させないために、現場の業務が確実かつ効率的に実施されているかという視点から、業務プロセスの継続的な改善を図っています。

1業務プロセスの定着とPDCAサイクルの実践

■建設事業における安全性向上の取組み

  • ・「建設・保全合同会議」を活用した取組みの推進
     (維持管理段階での改善の建設段階へのフィードバック、将来の安全や維持管理を重視した設計・施工など)

■「新技術・新工法」の適切な採用

  • ・採用効果や維持管理段階での評価手法などを評価した上で、新技術・新工法を適切に採用

■保全・サービス事業における維持管理サイクルの循環

  • ・道路構造物の詳細点検についての点検実施者の要件を規定
  • ・維持管理サイクルの照査(点検全体計画、点検結果、補修状況、点検及び補修データのシステムへの入力状況の確認など)の確実な実施
  • ・要領などに基づく維持修繕計画の策定

■維持管理サイクルをより確実に循環させるための技術支援・指導

  • ・高度な能力を有する専門技術者が、道路構造物の変状への対策方法などを提言
  • ・専門技術者による現場での技術的課題解決の支援・指導

2道路構造物のリスクに起因する事象の未然防止

■「構造物のリスクに関する調査検討会」による道路構造物のリスクへの適切な対応

(道路構造物の潜在的リスクの洗い出しと、対応方針を策定した顕在リスクへの対策のフォローアップなど)

  • ・組織ごとの役割分担の明確化など、組織体制を見直し、全社的活動を継続
  • ・対応方針を策定した顕在リスクについて、ロードマップを作成し、具体的な対策を推進

3部門を超えて共有された安全に関する情報や最新の知見などの要領への反映

  • ・「設計要領」の見直し(2016年8月)
    (高速道路リニューアルプロジェクトに関連する項目の充実等保全・サービス事業を中心とした体系への見直しなど)
  • ・「保全点検要領」を補完する通達の発出(2016年10月)
    (工事完成から開通までに時間を要する場合などにおける初期点検の運用について規定)
  • ・更新の可能性が高い道路附属物への経過更新の概念の導入
    (道路附属物に関し、一定の経過年で取り替える経過更新の実施の可能性について検討を開始)

4点検・補修業務支援システムの継続的な改善及び点検技術の高度化・効率化

■維持管理サイクルの確実かつ効率的な循環を支援するシステム

  • ・従来のシステムを抜本的に改善した新たな「点検・補修業務支援システム」を導入。また、一部機能をグループ会社で利用可能にするなどの機能を追加

■高度で効率的な点検・診断・補修などに資する技術開発(技術開発参照)

3. 安全活動の推進

  • 安全を経営の根幹として経営陣が先頭に立ち、安全性向上の取組み状況などについて、全社的な視点でフォローアップしています。
  • 海外を含む社内外の安全に関する多様な情報の収集・共有や、最新の知見によるきめ細かな現場への支援・指導などに加え、社外の視点も採り入れ、組織横断的な安全活動を推進しています。

1経営陣による安全性向上の取組みのフォローアップ

  • ・「5つの取組み方針」に基づく安全性向上の取組み状況を安全性向上委員会(委員長:社長)で全社的な視点からチェック・フォローアップ

2「安全掲示板」などを通じた海外を含む社内外の安全に関する情報の収集・共有

  • ・グループ内ポータルサイトで「安全掲示板」を運用し、安全に関する情報を収集・共有
「安全掲示板」の概要

3安全に関する情報から得られた教訓や、最新の知見による現場への支援・指導

  • ・「5つの取組み方針」に基づく安全性向上の取組み状況など、現場の安全に関する内部監査を41組織で実施
  • ・安全提案、ヒヤリ・ハット報告の事例から得られた教訓を現場に伝えるなどの安全指導を23組織で実施
  • ・専門技術者による技術的課題に対する専門的見地からの支援・指導

4安全性向上の取組みの情報発信と社外の有識者の意見を採り入れた継続的な取組みの改善

■道路構造物の点検計画及び点検結果などをウェブサイトで公表
高速道路の保全・サービス参照)

  • ・2014年度からの5カ年の点検計画並びに2014年度及び2015年度の点検実施数量を公表
  • ・2014年度及び2015年度に点検が完了した構造物ごとの健全度の判定区分とともに、補修が必要な構造物の補修計画を公表

■高速道路リニューアルプロジェクトを推進するための広報活動

  • ・テレビ・ラジオCM、新聞などを活用した広報
  • ・工事を管轄する保全・サービスセンターでの社長定例記者会見及び報道陣への現場公開

■「安全性向上有識者会議」の設置

  • ・社外の有識者で構成する「安全性向上有識者会議」を設置

4. 安全を支える人財の育成

  • 『安全性向上3カ年計画』を継承し、“自ら考え安全を最優先する人財の育成”、“安全管理に関する技術力の向上”、“社員のモチベーションの向上”などを柱とする「人財育成マスタープラン」に基づく様々な取組みをPDCAサイクルを回しながら計画的に実施しています。
  • 技術戦略に基づき、“高度な能力を有し、プロフェッショナルとして、挑戦し続ける人財”としての技術者の育成にも取り組んでいます。
  • グループ全体での共通した安全教育としての「安全啓発研修」を、計画に従い着実に進めています。

1自ら考え安全を最優先する人財の育成、安全管理に関する技術力の向上、社員のモチベーションの向上

■「人財育成マスタープラン」に基づく各種研修の計画的な実施

■体験型研修施設の活用

構造物点検基礎研修

「構造物点検基礎研修」では、全国で更新に伴い撤去された橋梁を再利用した“N2U-BRIDGE”(名古屋大学構内)を活用しています。

点検・補修マネジメント能力認定研修(施設)

「点検・補修マネジメント能力認定研修(施設)」では、高速道路で過去に使用していた各世代の電気設備やトンネル非常用設備を使用し、点検・各種作業を実体験で学ぶことができる“E-MAC技術研修センター”を活用しています。

■技術戦略に基づく技術者の育成

  • ・研修(専門技術研修、高度専門技術研修)を通じた技術者の育成
  • ・2014年度に制度を創設した「次世代スペシャリストコース」の社員に対する育成計画の確立
  • ・技術者の育成、技術に関する成果や課題の共有を目的とした「技術研究発表会」の開催(2016年11月)

■組織能力強化に資するグループ会社との人事交流など

  • ・道路保全に従事する社員の技術力の向上と、組織能力の強化をめざし、業務の相互理解の促進によるグループ一体感の醸成を図るための若手社員を主体としたグループ会社との人事交流や、現場経験を重視したジョブローテーションを継続

2グループ全体での共通した安全教育としての「安全啓発研修」の継続

  • ・2015年9月から安全啓発室での集合研修としての「安全啓発研修」を開始し、2018年度末までにグループ社員約6,000名の受講を計画
    2016年度はグループ会社の中堅・若手社員に対象を拡げ、88回の研修で約1,900名が受講(累計受講者 約2,700名)

3社員の達成感の醸成

  • ・点検・維持修繕業務に係る計画及び結果の見える化による社員のモチベーション向上

5. 安全性向上に向けた着実かつ効率的な事業の推進

  • 潜在的リスクの洗い出しにより顕在化されたリスクについて、最新の知見や技術などを採り入れて計画的な対策を実施しています。
  • 道路構造物の老朽化対策として、近接目視を基本とした5カ年点検計画を着実に実施するとともに、道路構造物の健全性の優先度に基づく維持修繕工事や、高速道路リニューアルプロジェクトを計画的に進めています。

1顕在化した構造物のリスク事象への確実な対応

■対応方針を定めた道路構造物の顕在リスクへの対策(主な対策事例)

  • ・あと施工アンカーで固定された橋梁の補強鋼板への二重の安全対策
  • ・橋梁のビーム型ジョイントにおける延命対策(溶接部の部分的な改良)と補修取替え■1顕在化した構造物のリスク事象への確実な対応

2点検計画の着実な実施と補修工事の計画的な実施

■法令で定められた6種類の構造物の近接目視を基本とした点検の着実な実施
高速道路の保全・サービス参照)
(橋梁、トンネル、シェッド、大型カルバート、歩道橋、門型標識等)

橋梁、トンネル、門型標識の点検実施状況

■道路構造物の変状等に対する計画的な補修など

■高速道路リニューアルプロジェクトの推進(高速道路の保全・サービス参照)

■効率的な点検ルート確保のための設備の整備

  • ・盛土のり面の上下移動を安全に行うために縦溝などのコンクリートシールに手すりを設置
  • ・高速道路と橋梁下(一般道等)とのアクセスを可能とするため、橋台部にのり面昇降施設を設置

■耐震補強対策の促進(高速道路の保全・サービス参照)

■商業施設の建物の安全対策

  • ・適切な補修により施設の延命化を図りつつ、ライフサイクルコスト及び店舗のリニューアル時期も考慮した合理的な設備の更新を実施

3事業を確実に執行するための施策

■点検技術の高度化(技術開発参照)

■入札不調対策の実施(主な取組み)

  • ・高速道路リニューアルプロジェクトに基本契約方式を適用する場合の手続きを新規制定(2016年10月)
  • ・不調特命見積協議方式における確認協議及び工事管理マニュアルを見直し(2016年7月)・高速道路リニューアルプロジェクトに適用する『床版取替・積算の手引き』を新規制定(2016年9月)
  • ・契約制度に関する理解を促すために『入札契約制度のあらまし』をウェブサイトで公表

■組織体制の見直し(2017年度からの新たな体制)

  • ・長期保全に係る保全計画業務の集約
  • ・橋梁その他特殊構造物に関する業務の集約、平準化
  • ・高速道路リニューアルプロジェクトなどの担当部署への人員強化

―潜在的リスクへの対応を含め安全を長期に確保していくための安全対策に係る事業費―

単位:億円(税込)

※金利・一般管理費を除く。

取組みを通じた課題の認識と今後の取組み

(1)課題の認識

安全性向上への取組みを体系的にマネジメントする枠組みのもと、グループ一体となって安全性向上への不断の取組みを進めているところです。安全最優先の業務プロセスの日常業務での更なる定着化、道路構造物の老朽化等への抜本的な対策の推進などによる道路構造物のリスクに起因する事象の未然防止、その礎となる安全を支える人財の育成、グループ全体での安全文化の醸成に向けて、各取組みのPDCAサイクルを着実に実践してその質を高めながら継続していくことが、
重要な課題であると認識しています。

(2)安全性向上有識者会議への報告と今後の取組み

「5つの取組み方針」に基づく取組み(2016年度)について取りまとめ、社外の有識者で構成する安全性向上有識者会議に報告しました(2017年5月22日)。同会議からいただいたご意見や助言を踏まえ、以下の点に留意して、各取組みを継続していきます。

1. 安全を最優先とする企業文化の醸成

  • 笹子トンネル天井板落下事故の風化防止、安全を最優先とする経営理念等の更なる浸透、コミュニケーションの充実による価値観の共有など、グループ全体での安全文化の醸成に向けて、引き続き、グループ一体となった様々な取組みを継続していきます。
  • 経営陣は、現場の声に耳を傾け、現場の状況・課題を正確に把握するとともに、経営理念や経営方針の具体的なメッセージとしての発信、現場の声へのフィードバックに努めるなど、強いリーダーシップを発揮して、社員に安全を最優先とする姿勢・行動を示し続けます。
  • 各職場の所属長は、経営理念や経営方針を咀嚼し、自らの言葉で部下の社員に伝え、経営陣と一体となって、これらの更なる浸透を図るとともに、協働するグループ会社とのコミュニケーションをより一層充実させ、自らの率先垂範の姿勢・行動を示し続けることで、グループ全体での価値観の共有を図ります。

2. 道路構造物の経年劣化や潜在的リスクに対応した業務プロセスの継続的改善

  • 整備したルールや仕組みを現場における日常的な業務に組み込み定着させるとともに、更にこれらを改善して、業務の質をスパイラルアップさせていきます。
  • 道路構造物のリスクに起因する事象の未然防止に向けて、潜在的リスクの洗い出し及び評価、その評価に基づく対応の検討、顕在リスクへの対策に継続して取り組んでいきます。
  • 安全に関する情報や最新の知見等を要領などへ反映していきます。
  • 「点検・補修業務支援システム」を継続的に改善するとともに、高度で効率的な点検・診断・補修技術などに資する技術開発を推進し、その実用化を図ります。

3. 安全活動の推進

  • 経営陣が先頭に立ち、全社的視点から安全性向上の取組みをフォローアップするとともに、安全性向上有識者会議のご意見も採り入れて取組みの改善を図ります。
  • 安全に関する情報の収集・共有・活用の促進を図るため、研修や各種会議などの場を通じて安全掲示板の意義を周知するとともに、安全に関する情報を整理・分析して活用しやすい形に分類することや、教訓を体系的に取りまとめることで、業務での活用を図ります。また、海外の安全に関する情報について、新規の情報源を調査し、その充実を図ります。
  • 引き続き、安全監査や、安全に関する情報から得られた教訓、最新の知見による現場の支援・指導を実施していきます。
  • 高速道路の老朽化の状況などを最新のデータに基づき、わかりやすく情報発信することで、高速道路リニューアルプロジェクトや維持修繕工事への理解及び認知度を高めていきます。

4. 安全を支える人財の育成

  • 人財が会社の基盤であるとの認識のもと、それぞれの取組みのPDCAサイクルを着実に回してスパイラルアップさせながら、中長期的視点に立った人財育成を継続するとともに、褒める文化を根付かせることなどにより、社員のモチベーションを高めていきます。
  • 技術戦略に基づく技術者育成の取組みが2016年度から本格的に開始されたところであり、これらを進めながら、課題検証を行い、必要な改善につなげていきます。
  • グループ会社との人事交流を含む現場経験を重視したジョブローテーションなどの人事に係る施策と、「人財育成マスタープラン」などとの連携により、組織能力の強化などとともに、グループ一体感の更なる醸成を図ります。
  • グループ全体での共通の安全教育としての「安全啓発研修」を計画に従い着実に進めます。

5.安全性向上に向けた着実かつ効率的な事業の推進

  • 対応方針を策定した顕在リスクへの対策を計画的に実施するとともに、その実施状況を適宜適切に確認していきます。
  • 引き続き、以下のような道路構造物の老朽化対策などを計画的かつ効率的に実施します。
  • ・近接目視を基本とした点検を5カ年点検計画に基づき、着実に実施
  • ・点検結果を踏まえた維持修繕計画の見直しを行い、維持修繕工事を着実に実施
  • ・高速道路リニューアルプロジェクトの推進
  • ・新たに事業化された耐震補強対策についても、計画的に実施
  • ・商業施設については、設備の計画的な更新並びに確実な点検及び保守により、適切な管理を実施
  • 事業を計画的かつ効率的に実施していくため、引き続き、入札不調対策に取り組みます。
  • 点検結果に基づく補修費用や業務量の増加に対応した経営資源の確保・配分となっているかを適宜適切にフォローアップしていきます。

私たちは、「安全を何よりも優先」とする経営理念のもと、『安全性向上への「5つの取組み方針」』に基づく道路構造物の安全性を高める取組みとともに、事故多発箇所の安全対策や、ネットワーク整備による渋滞の低減・解消など、お客さまが高速道路を安全に走行いただくために、次に示す取組みを一体的かつ計画的に推進します。