• 会社概要
  • 安全・取組み
  • CSR
  • 事業案内
  • IR
  • 調達・お取引
  • 採用

環境への取組み

このページをお気に入りに追加

資源の3Rの推進

トンネル照明の長寿命化

トンネル内の老朽化した照明設備(ナトリウム灯)を更新する際に、LED照明などの省電力かつ長寿命の照明灯具に交換しています。

改良前(ナトリウム灯)

改良前(ナトリウム灯)

改良後(LED照明灯具)

改良後(LED照明灯具)

緑のリサイクル

高速道路内の樹木の剪定や雑草の刈り取りで発生した植物発生材を、堆肥やマルチング材にリサイクルしています。堆肥は植栽時の土壌改良材などに、マルチング材はのり面などの防草対策に有効活用しています。2014年度のリサイクル率は82%でした。

緑のリサイクル量(2014年度)

緑のリサイクル量(2014年度)

●植物発生材のペレット化

高速道路で発生する剪定枝や刈草をペレット化する設備を旧鮎沢PAに整備しました。製造したペレットは料金所の空調などに試行的に活用しています。

高速道路で発生した剪定枝や刈草を集積

高速道路で発生した剪定枝や刈草を集積

旧鮎沢PAに整備した設備でペレット化

旧鮎沢PAに整備した設備でペレット化

ペレットをボイラーで燃やして空調などに利用

ペレットをボイラーで燃やして空調などに利用

完成したペレット

完成したペレット

清掃に伴う発生材のリサイクル

高速道路上の清掃により発生したごみや土砂などの廃棄物を分別し、ビン・ペットボトルなど再資源化が可能なものはリサイクルしています。再資源化できないものは廃棄物処理法に基づき適切に処分しています。

路面清掃に伴う発生材のリサイクル量(2014年度)

路面清掃に伴う発生材のリサイクル量(2014年度)

成長した樹木の有効利用

植栽から50年が経過し、間伐が必要となった東名高速道路のケヤキを、新規建設中の新東名高速道路 浜松いなさJTC~豊田東JTC間へ移植しています。伐採しなればならない樹木を貴重な資源として活用するとともに、建設工事にかかる植栽費用の低減を図っています。

移植準備の様子(東名)

移植準備の様子(東名)

移植の様子(新東名)

移植の様子(新東名)